ジスロマックの効果・飲み方

ジスロマックの副作用と対処法まとめ

ジスロマックはマクロライド系の抗生物質で、クラミジアや淋病などの性病、呼吸器感染症や皮膚感染症、子宮頸管炎などに使用します。抗生物質の副作用と言えば下痢が知られていますが、他にも様々な副作用が起こる可能性があります。

ここでは、ジスロマックによって起こり得る副作用と、副作用を抑えるための注意点を詳しくご紹介します。

ジスロマックの副作用の発生確率

ジスロマックの副作用の発生確率は、承認時の臨床試験で確認されています。

2,805例を対象とした臨床試験において、下痢が3.28%、3,745例を対象とした臨床試験では、下痢が0.91%、腹痛が0.19%です。その他、好酸球数増加やALT(GPT)増加など、体内に様々な変化が認められています。

実際に副作用として感じることができないため、ジスロマックの副作用としては下痢や腹痛、嘔吐が多いと考えておきましょう。頻度としてはかなり少ないですが、下痢や腹痛に関しては抗生物質の副作用として有名なため、注意しておくことが大切です。

ジスロマックを服用して副作用が起こる理由

ジスロマックの副作用は、必ず起こるわけではありません。複数の要因が重なることで、副作用が起こる確率が大きく高まる恐れがあります。

副作用を高める要因は次のとおりです。

一度に飲みすぎた

1回の服用時に2回分を飲むなど、通常よりも多く服用した場合は副作用が起こりやすくなります。副作用は、ジスロマックが持つ作用によって、結果的に起こり得るものです。そのため、多量のジスロマックを飲むことで薬の作用が強まると、副作用も強まります。

気づかない程度の副作用しか現れていなかったのが、飲みすぎによって自覚症状として現れるようになるのです。必ず、用法用量を守って服用しましょう。

体質の問題

体質によっては、薬の副作用が現れやすくなります。例えば、アレルギー体質だと薬の副作用が現れやすいため、普段から喘息や花粉症に悩まされている方は注意が必要です。

その他、様々な体質が関係しているため、副作用が現れやすいかどうか判断することは困難です。

ジスロマックの副作用と対処法

ジスロマックの副作用は、下痢や便秘、胃痛吐き気、腹痛などです。それぞれの特徴と対処法をご紹介します。

下痢・便秘

抗生物質は、悪い細菌だけではなく、身体に良い影響を与える細菌にも作用します。腸には、身体に悪影響を与える悪玉菌と、良い影響を与える善玉菌がいます。この菌のバランスが崩れることで、下痢や便秘になるのです。抗生物質を服用すると、悪玉菌と善玉菌の両方が減るため、腸内環境のバランスが崩れ、下痢や便秘が引き起こされます。

対処法

お腹が少し緩くなる程度の場合は、そのままジスロマックを飲み切りましょう。しかし、水のような下痢が出たり、1日に4~5回以上もトイレに行くことになったりする場合は、医師の相談することが大切です。自己判断でやめるのではなく、必ず相談しましょう。

また、抗生物質の服用によって下痢や便秘をすることはよく知られており、整腸剤と一緒に処方されることが多いです。個人輸入代行業者からジスロマックを入手した場合は、一緒に整腸剤も入手するといいでしょう。

胃痛

抗生物質は胃の粘膜を刺激するため、胃痛が起こる場合があります。胃の粘膜を修復する胃腸薬を服用するといいでしょう。胃腸薬には様々な種類があり、胸やけがある場合は胃酸を抑えるものがおすすめです。どの胃腸薬が適しているかわからない場合は、医師か薬剤師に相談してください。

また、タバコやアルコールは胃の粘膜を荒らすため、抗生物質の副作用と重なり、胃痛が強くなる恐れがあるため控えましょう。

吐き気

吐き気も胃痛と同じく胃の粘膜が刺激されることで起こります。胃腸薬で胃の粘膜を修復することで、治まる可能性があります。ただし、他の原因で吐き気が起きている恐れもあるため、念のため医療機関を受診した方がいいでしょう。

眠気

抗生物質を飲むと、眠気を感じる場合があります。眠気を感じるときは、車の運転をしないでください。顔を洗ったり運動したりすると、眠気が一時的に和らぎますが、しばらくすると再び眠くなるでしょう。そのため、一時的に眠気が和らいでも、車の運転はしてはいけません。

腹痛

下痢や便秘に伴い、腹痛が起こります。下痢や便秘が改善されれば、腹痛も改善されるでしょう。そのため、整腸剤を飲むことが腹痛の対処法となります。

その他

その他、ニキビや発疹ができることがあります。ただの発疹ではなく、抗生物質に対するアレルギー症状としての蕁麻疹の可能性もあるため、不安な場合は医療機関を受診しましょう。ニキビが炎症を起こしている場合は、抗炎症薬を塗るなど、対処してください。

重大な副作用に注意

ジスロマックに限ったことではありませんが、まれに重大な副作用が現れます。生命に危険が及ぶアナフィラキシーに注意しましょう。呼吸困難や呼吸のヒューヒュー音、顔や唇のむくみ、喉の腫れなどは、アナフィラキシーの前兆の可能性があります。

また、発疹や粘膜のびらん、高熱などの症状は、中毒性表皮壊死融解症や急性汎発性発疹性膿疱症の前兆かもしれません。その他、尿の量が減ったり手足や顔がむくんだりした場合は急性腎不全、腹痛や何度も下痢をしたり血便が出たりする場合は出血性大腸炎や偽膜性大腸炎などの可能性があります。

副作用が出にくいジスロマックの飲みかた

副作用のリスクを抑えるために、次のようなことに注意しましょう。

用法用量を守る

用法用量を守って服用しましょう。通常、成人はアジスロマイシン500mgとして1回2錠を1日1回、3日間続けます。

その他にも用法用量が示されていますが、年齢や体重、他の病気の有無などで変わるため、医師に相談することが大切です。

医師と薬剤師に相談してから使う

他に薬を飲んでいる場合は、必ず医師や薬剤師に相談しましょう。薬の作用を強めることで、副作用が現れやすくなるケースがあります。

また、薬を飲んだ際に、蕁麻疹やむくみ、顔面蒼白などの症状が現れたことがある人や妊娠中、授乳中の人も、事前に相談が必要です。

まとめ

ジスロマックは、用法用量を守って服用しなければ副作用が起こる恐れがあります。重大な副作用が起こるケースもあるため、十分に注意しましょう。

副作用が現れた場合は、症状に応じて適切に対処して、生活への支障を最小限に食い止めることが大切です。

ジスロマックは通販での購入が法律で認められています

ジスロマックは、個人での利用にかぎり医師の診察を受けなくても購入することができます。
購入は医薬品の通販サイトを利用するのが便利ですが、その中でも「医薬品アットデパート」は

  • 4年以上の運営実績
  • メーカーから本物を直接仕入れ
  • 各種決済対応
  • 日本人スタッフ対応(電話注文可)
  • 最短5日で商品到着

 

など、サポートが充実しているのでおすすめです。

ジスロマックを見てみる

医薬品アットデパートについて

関連記事